税額票の作成、訂正に関する財務大臣令と施行に関する国税総局長規則 - Jakarta Japan Club 税額票の作成、訂正に関する財務大臣令と施行に関する国税総局長規則 - Jakarta Japan Club


JJCは1970年に創設されたインドネシア最大の日系コミュニティーです



法令一覧

税額票の作成、訂正に関する財務大臣令と施行に関する国税総局長規則

2014年6月、電子税額票(e-Faktur Pajak)の作成、提出方法に関する国税総局長規則PER-16・PJ/2014が公布されました。

この規則は、付加価値税の税額票の電子的フォーマットに関して定めた財務大臣令No.151/PMK.011/2013の実施規定に相当します。
これらの規則は、特定の付加価値税の課税対象者に対して、電子的フォーマットにより税額票(e-Faktur Pajak)を作成するようする定めるものであり、2015年7月より強制適用されます。
ジャカルタ・ジャパン・クラブでは本規程の邦訳を作成いたしましたので、下記をご参照ください。

電子税額票(e-Faktur Pajak)の作成、提出方法に関する国税総局長規則PER-16・PJ/2014

付加価値税の税額票の電子的フォーマットに関して定めた財務大臣令No.151/PMK.011/2013

なお、本件に関して、2014年9月24日に付加価値税月次申告書の書式、内容、記入及び提出の手順に関する国税総局規則第2回改訂PER-25/PJ/2014が公布されました。
これにより、電子税額票(e-Faktur Pajak)を使用していない場合、付加価値税の還付請求に際しては、付加価値税月次申告書に全ての添付書類をハードコピーで提出するよう義務付けられるようになりました。

付加価値税月次申告書の書式、内容、記入及び提出の手順に関する国税総局規則第2回改訂PER-25/PJ/2014

Back