補完財、テストマーケティング/アフターセールスサービス用品の輸入条件に関する 商業大臣規程2015年第118号の公布について - Jakarta Japan Club 補完財、テストマーケティング/アフターセールスサービス用品の輸入条件に関する 商業大臣規程2015年第118号の公布について - Jakarta Japan Club


JJCは1970年に創設されたインドネシア最大の日系コミュニティーです



法令一覧

補完財、テストマーケティング/アフターセールスサービス用品の輸入条件に関する 商業大臣規程2015年第118号の公布について

JJC法人部会各位

インドネシア商業省は、2015年12月23日、輸入業者番号(API)に関する商業大臣規程2015年第70号を補完する規程として、補完財・テストマーケティング/アフターセールスサービス用品の輸入条件に関する商業大臣規程2015年第118号を公布しました。

商業大臣規程2015年第70号第5条では、「資本財、原材料、補助材、及び/或いは材料として自ら利用するために物品輸入を行う会社」に対して製造輸入業者番号(API-P)が付与されるとされ、この企業が輸入する輸入品は「売買或いは他者への譲渡は禁じられる」と規定されていました。

一方で新しい大臣規程2015年第118号では、API-Pを保有する製造業は、「生産ラインを補完する目的で、特別な関係を有する海外の会社に由来・生産する工業製品(補完財)」、「市場の反応を把握し事業開発のために特定期間使用するための工業製品で、まだ当地では製造することができない財(テストマーケティング用財)」、「スペアパーツ、代替製品の供給と主要製品関連の製品交換を担保する目的でAPI-P保有企業が輸入する工業製品(アフターセールスサービス用品)」を輸入が可能となるとしています。

また、これまでのAPI-Pの保有者の中で、Produsen Importir(PI)を保有している場合は、仮に2016年6月30日以前に有効期間が終了するものであっても、2016年6月30日まで有効であることが明確化されました。

しかしながら、新しい大臣規程の運用は、大臣規程が発効してから1年ごとに評価を行う、と記載されており、今後の動向にも十分注意しておく必要があります。

JJCでは、本大臣令を和訳いたしましたので、ご案内いたします。

補完財、テストマーケティング/アフターセールスサービス用品の輸入条件に関する商業大臣規程2015年第118号(インドネシア語)

補完財、テストマーケティング/アフターセールスサービス用品の輸入条件に関する 商業大臣規程2015年第118号(日本語訳)

Back