日本人納骨堂春季慰霊祭のご案内(3/13) - Jakarta Japan Club 日本人納骨堂春季慰霊祭のご案内(3/13) - Jakarta Japan Club


JJC(ジャカルタジャパンクラブ)は1970年に創設された
45年の歴史を誇るインドネシア最大の日系コミュニティーです




お知らせ

日本人納骨堂春季慰霊祭のご案内(3/13)

当地において物故されました邦人の春季慰霊祭を、プタンブラン墓地内の日本人納骨堂において執り行います。

日本人納骨堂は1931年、当時の日本人会有志(7人)が発起人となり、バタビア日本人会共済会を組織して建立されました。ジャカルタ市内に点在しておりました本名も分からない「からゆきさん」のお墓を10年の歳月をかけて集め、ここに安置しました。第二次大戦後、参拝者もなく荒れる一方となっていたお墓を見るに見かねた邦人有志が1959年に日本人墓地保存会を結成、在留邦人からの寄付を仰ぎ、市内に散在していたお墓を日本人納骨堂に集め、1960年12月に最初の合同慰霊祭が行われました。爾来、毎年春と秋の2回、慰霊祭を執り行っております。

現在、北は樺太、南は沖縄までインドネシアに来られた277名の方のお名前が過去帳に掲載されております。(年代の内訳は明治35名、大正67名、昭和以降154名、時代の不詳な方21名)。

幾多の困難を乗り越え、ジャカルタ日本人社会の歴史と発展の基礎を築かれました諸先輩のご足跡を偲びたく、多くの皆様のご列席をお願いし、下記のとおりご案内申し上げます。

 

日 時 : 3月13日(月) 午前10時30分から

※終了後、タナアバンのタマン・プラサスティ博物館内慰霊碑でも法要を行います。

場 所 : 日本人納骨堂(プタンブラン墓地内)

申し込み先:jasmine@jjc.ntt.net.id もしくはFAX:3192-5902
準備の都合上、ご列席の場合のみ3月6日(月)までにご返事をお願い致します。

Back