(注意喚起) 空港出国時におけるパスポートコントロールの トラブルについて


昨今、インドネシア入国時に入国スタンプが押されていなかったために、出国審査場でトラブルとなり、出国審査官から金銭を要求される事例が発生しておりますので、ご注意ください。

【事件発生時の状況】
○ インドネシアに短期商用のために来訪した出張者が、出国審査時にパスポートに入国スタンプが押されていなかったことを理由に出国を拒否され、別室に移動させられた上で審査官より金銭を要求された。
○ 入国審査時に入国スタンプが押されていなかったことは、出国審査場で指摘を受けるまで全く気付かなかった。
○ 搭乗機の出発まで時間が迫っていたため、やむなく所持金を支払うことで解放された。

【政府担当当局の見解】
○ 本来はインドネシア側入国管理官が入国スタンプを押印していなかったことに起因するもので、パスポート所持者側への罰則はない。

【対応策】
○ 入国審査終了時に、入国スタンプが押印されることを確認する。
○ 後日照会をかけられるように、金銭を要求してきた出国審査官の名前とNIP(公務員基本番号:担当官の胸の名札に記載)を控えることも有効と思われます。


○ 支払いを要求された時はどのような趣旨の支払いであることを確認し、領収書を要求することも有効かもしれません。

※JJCと在インドネシア日本国大使館では、毎月「海外邦人安全対策連絡協議会」を開催し、治安・衛生・安全・トラブル事例について情報共有を図っております。これまでの議事録をご参照のうえ、トラブル防止につとめてください。

question marks

JJCへのお問い合わせはこちらから

JJCへのお問い合わせはこちらから

法人部会
平日 8:30 〜 17:00
土日・祝日は休館

個人部会(図書館)
平日 8:30 〜 16:00
土曜日(個人部会のみ)10:00 〜 16:00
日・祝日は休館

ACCESS MAP

法人部会 (Corporate Division)